ホーム

HOME

HOME > にわとりクラブの活動

にわとりクラブの活動内容

いけまぜ夏フェス

 

 障がい児のアドベンチャースクール。一泊二日のキャンプです。

1997~1999、2001~2003年と過去9回開催してきました。1~5回までは札幌市内で、6回目は古平町で行いました。2004年はお休みしましたが、2005年は(旧)穂別町、2006年は蘭越町、2007年は白老町、2008年は日高町、2009年は浦河町、2010年は滝川市、2011年は千歳市、2012年はむかわ町、2013年は余市町、2014年は恵庭市、2015年は夕張市、2016年は石狩市で開催しました。最初の年は300人ほどでしたが、現在では1200人を超える大キャンプになっています。

 障がいがあっても楽しみながら参加できるイベントが中心です。障がいがある者もない者も、ごちゃまぜででっかくて楽しい「いけまぜ」の世界です。

 「いけまぜ夏フェスの歴史」ページへ

 

ボランティア説明会(いけまぜ夏フェスへ向けて)

 

 いけまぜ夏フェスの参加に向け、参加するボランティアさんにも活動理念を理解していただき、子どもたちと楽しく過ごしながら、たくさん学んでいただけるように説明をします。

にわとりクラブには医療者が数名おりますので、ボランティアの皆さんの要望に合わせ、車椅子の操作などの講習会を行うこともあります。

 

いけまぜシアター

 

 障がいの有無にかかわらず舞台活動を通して、観る・聴く・歌う・動く・踊ることの楽しさを実感し、感性と自発性を養うこと、能力を引き出していくことをコンセプトにしています。

 歌遊び、児童劇、鳴子踊りなど観客も一緒に楽しめる内容で行っています。

 (現在は休止中です)

 

摂食指導・口腔ケア

 

 脳障害などにより食事ができない、あるいは困難な子どもたちを対象に食べ方の指導(摂食指導)や口腔ケアを行っています。

 現在はいけまぜ夏フェスの摂食指導・口腔ケアコーナーでの活動がメインです。

 

いけまぜ水中レク

 

 プール指導員と医療スタッフが協力して行っています。障がいがあってもプールで楽しく過ごしています。(現在は休止中です)

 

いけまぜアトリエ

 障がいのある子どもたちが、作品を通して社会貢献をしていく目的で発足しました。障がいがあってもなくても、みんな同じように社会貢献できる存在であることを広く一般社会の人に理解してもらうことを目指しています。

 「いけまぜアトリエ」ページへ

 

いけまぜアドベンチャー

 演舞の様子 http://www.youtube.com/watch?v=SIjjHQKAk3E

お知らせ

NEWS

ACTIVITY にわとりクラブの活動

にわとりクラブとは

INTRODUCTION

Ikemaze

Summer

Festival

連絡先・リンク

CONTACT

ダウンロード

DOWNLOAD

Copyright© 2016 Niwatori-Club Nonprofit Origaization. All rights reserved.